B型肝炎治療の目標

B型肝炎ウイルスの量を抑えて、
鎮静化(ちんせいか)を目指します

B型慢性肝炎治療の目的は、肝硬変への進展や肝がんの発症を防止することです。そのために、B型肝炎ウイルスの排除を目指しますが、現在の最先端の治療でもB型肝炎ウイルスを完全に排除することは簡単ではありません。
そのため、B型肝炎ウイルスが体内で増えるのを抑えて、鎮静化(ちんせいか)(=肝臓の炎症が抑えられた状態)を目指します。
B型慢性肝炎のすべての患者さんに治療が行われるわけではありません。検査を行って肝臓の状態やウイルスの活発さを判断し、治療が開始されます。治療中は、ALTを正常値に保つこと、HBe抗原とHBV DNA量を陰性化させることを短期的な目標として、また、HBs抗原を消失させることを長期的な目標として治療を続けていきます。